ペットショップへようこそバナー


シナリオ名:ペットショップへようこそ

推奨人数:1人
形式:クローズド
時間:ボイセで1時間程
難易度:ロスト
注意:茶番とアドリブが続くロスト前提の特殊シナリオ、未来の狂信者やSAN0にどうぞ
あるといいもの:クトゥルフ神話TRPGルールブック、マレウス・モンストロルム、キーパーコンパニオン

資料:MAP
-----

※始めに
これはSAN0、狂信者、またはSAN値トドメ用シナリオとして作りました。シナリオフックになりたいけどパワーが足りない…AFなどの準備が…と言う時にもってこいです。必要なものは『茶番』と『アドリブ』と『クトゥルフ神話TRPGルールブック』です。マレウスやキーパーコンパニオンもあるといいかもしれません。
普通の探索者に回すと軽率にチートキャラになってしまうのでは?なんて疑問が有るでしょう、大丈夫です!全てのエンドがロストにつながっています!!やったね!!!!

それでは以上を踏まえて『ペットショップへようこそ』をお楽しみください。

【導入】
自分の住んでいる世界に疑問を持った皆さん、自分の信じる神を愛してやまない皆さん、最後の一本の理性の糸が切れない皆さん、ペットショップへようこそ!今日はあなたたちに卑しのひと時を与えましょう。お金なんてものはいりません。さてさて前置きはここまでにして、いよいよ開店です。

探索者が目を覚ますとそこは様々なゲージや水槽の並ぶ部屋の中だった。独特な臭いやあたりから忙しなく聞こえる鳴き声でここがペットショップと言う事がわかるだろう。探索者が辺りを見渡しているとスタッフオンリーの部屋から一人の男性が表れた。その男は探索者を見るとにこやかに言う「いらっしゃいませ迷える子羊よ、なんて言っておきましょうか。ここは見ての通りなんの変哲もないペットショップ、かわいいペットがたくさんいますよ、是非ご覧になってください!」「ああ、そうそう。中にいるペットたちはまだあなたの言う事は聞いてくださいませんので、触ったりしてみたいときは私に言ってくださいませ。」そう言って男はレジカウンターに腰を下ろす。

あなたは改めて辺りを見渡す事だろう、さっきまで聞こえていた鳴き声が、何か異様なものに変わっている事に気がついた。<1/1d4>のSANチェック。

----------NPC情報----------
店員(--) てんいん
職業-ペットショップ店員 性別-?
STR:12  DEX14  INT:15 アイデア:75
CON:12  APP:9  POW:17(+5) 幸 運:99
SIZ:15  SAN:0  EDU:15(+?) 知 識:99
H P:??  M P:??  ダメージボーナス:+1d4
技能:目星:75 聞き耳:75 図書館:80 芸術(オススメを語る):50 芸術(背中を押す):70 運転(自動車):40

【品定め】
探索者はふと檻の中を見てみる。そこには何もいないように見えたが「クスクス…クスクス…」と不気味な笑い声が聞こえる事だろう。これが店員の言う…ペットなのだろうか。

◆KPへここでは未来の狂信者や狂人のお眼鏡に適う品をNPCのペットショップ店員が勧めてくるフェイズです。まだ探索者であるPCのリクエストするものなどを聞き、それに沿った品物を差し出す事が重要です。
例えばハスターの狂信者の卵にはビヤーキーやその<召喚/従属>の呪文はいかがでしょう。ニャルラトホテプを信じる者には<接触>なんかもいいかもしれません。とにかく、探索者の望むものを次々と出してみるのです。

【ふれあい】
PCが気になる品物を選んだらこのフェイズとなります。ここでは品物のクリーチャーに触れ合いSANチェックを行います。
店員はPCの探索の話などをにこやかに聞きながら、オススメの品物を差し出してみるといいだろう。

-品物棚-
◇生物系
ビヤーキー<1/1d6>
空鬼<0/1d6>
ネズミ怪物<0/1d6>
無形の落し子<1/1d10>
星の精…姿が見えない場合<なし>
星の精…血を吸い姿が見える場合<1/1d10>
小さいサイズのショゴス<1/1d6>
大きいサイズのショゴス<1d6/1d20>

◇人外系
グラーキーの従者化<1/1d10>
吸血鬼<1/1d10>
脳缶<1d6/1d20>
ティンダロスの混血種<1d2/1d12>

◇黒幕系
シャッガイの寄生<1/1d6>
イゴーロナク<1/1d10+1>

-魔道書コーナー-

◇魔道書・呪文系
呪文1つにつき<1/1d3>
魔道書Aランク(ネクロノミコン・エイボンの書など)<1/1d8>
魔道書Bランク(妖蛆の秘密)<1/1d6>
魔道書Cランク(黄衣の王など)<1/1d3>

-生贄コーナー-

◇生贄系
人間100kg(内容量およそ5人)<1/1d6>
動物100kg(SIZによるが犬や猫と様々)<1/1d4>

◇ステータス強化
ステータスに+1d4+2<2/1d10>

-テクノロジーコーナー-

◇テクノロジー系
ミ=ゴのテクノロジー<要相談>
イ=スのテクノロジー<要相談>
ヘビ人間のテクノロジー<要相談>
ティンダロスの猟犬時計<1d6/1d20>

※生物系に関しては好きなだけ増やしてください。あくまで一例です。
※魔道書はランク分けをしていますがあくまで例なので好きに変更してください。
※もちろん神格との接触やグレード・オールド・ワンの力を借りると言う品物もある事でしょう。

<従属>などの呪文はかかっていないので店員は「まだ触れないでくださいね」と言う。
PCは品物を見たり、どんなことができるかを店員に聞ける事だろう。星の精の姿が見えない場合はあえて血を飲ませて姿を表せるかも知れない。

◆KPへここでSAN値が0になったとしても購入までがシナリオなので続きます。

【購入】
触れ合った品物がお気に召したらいよいよ購入です。
探索者が必要と感じた品物をレジに出したとき代金が発生します。しかしそれはお金ではありません。購入代金は探索者のSAN値となっています。購入したものに合わせてSANチェックが発生し、減った分×2を支払います。SANが既に尽きている人はカードで支払うような感覚で支払う事となります(実質無料)

-例-
大きいサイズのショゴスを購入した場合は<1d6/1d20>のSANチェックが発生し、減った値*2を代金として払うので
SAN9 1d100→64失敗
1d20→12 12×2=24
といった具合です。

【支払い終了】

■SAN値が残っていなかった場合
店員に「毎度ありがとうございました。心ゆくまで混沌と冒涜をお楽しみください。」と言われあなたは『品物』を脳に、手に、店を出る。カランカランとドアに付いた鈴があなたの心とは裏腹に軽やかに鳴った。

■SAN値が残っていた場合
買い物を済ませたあなたはほっと息を付く、やっとここから開放されるのだ。しかし店員はあなたをジッと見つめている。その目はとても冷たく、突き刺さるようなものだ。「おやおやおやおや、お客様?まだあなた、正気の糸を保っていますねえ?こんな所でよく耐えれましたね、すごいですね。さて、お出口はあちらになります」そう言って店員は出入り口を指した。
あなたは不信に思いつつも出口に手をかける。そのとき何か嫌なものが身体の中をかけていく。「冒涜的な行為に正気が必要と思っているんですかねえ」そんな声を聞き、あなたの脳内は真っ黒に塗りつぶされていく。
そして映画のスクリーンのように黒に映像が写りこんだ海の底に沈んだ大都市や宇宙を飛んでいく無数の甲殻類のような生き物、顔のない無貌の神、洞窟奥底で眠る象のような生き物、キュービズム調の膿を垂らす奇妙な集合体。そんな光景がぐるぐると駆け巡る。
「またのご来店をお待ちしております」ぷっつりと大事なものが切れてしまったあなたはペットショップを後にした。

■ちょっぴり寄り道
スタッフオンリーの部屋に入ると好きな教団のスタッフ(一員)になることができます。
そのときは店員がにこやかに迎えてくれる事でしょう。店員の正体はあなたに可能性を見出した一人の魔術師です。

おめでとうございます!シナリオロストです!よいSAN0ライフを!!

-報酬?-
SAN0 神話技能30%

ペットショップで狂気に陥った場合は以下の狂気表を使用してもよい

-狂気表/1d10-
1:片っ端からいろんなものを買いたくなる
2:魔道書の収集がしたくなる
3:好奇心を抑えられずあれこれ見てしまう
4:神話生物に心を奪われる
5: テクノロジーに対する執着が芽生える
6:邪神崇拝などの一貫で拷問を行いたい衝動
7:従属系の神話生物に対して支配欲が芽生える
8:神話生物に愛情を抱く
9:人類を滅ぼしたいと言う欲望がチラつく
10:神格を招来してみたくなる

-最後に-
このシナリオで探索者をロストさせない事は製作者の意に反するので生還ルートを設ける場合は改変としてシナリオ名を別のものにしてください。

戻る

スポンサーサイト

2016-12-01 : CoCシナリオ :
« next  ホーム  prev »